本文へジャンプします。



DFOマネージャー

「CRITEO」「Indeed」「Facebook Dynamic Product Ads」に対応!
“集客拡大”にお困りのWEBサイト様向け!Google ショッピングや ダイナミックリターゲティング広告に必要な商品データ最適化ツール。

DFO(Data Feed Optimization)のパイオニアであり
数多くの実績を持つコマースリンクが提供するデータ
フィード最適化ツール

DFOマネージャー

このサービスの特徴

dfo
■SaaS型ツールでスピーディーに商品データを最適化できる
商品データの最適化を、必要に応じてタイムリーに行うことができます。
■データフィード最適化のノウハウを社内に蓄積できる
商品データの最適化と効果検証を繰り返し行うことで、社内にノウハウを蓄積することができます。
■商品データの作成などにかかる手間を削減できる
商品データの作成、加工、アップロードなど、一連の作業にかかる手間を削減できます。

※データフィード最適化 (DFO:Data Feed Optimization) とは
EC・人材・不動産・旅行などのサイトが集客サービスを利用する際に用いる商品データを最適化することで、サイトへのアクセス数を増やす新しいマーケティング手法です。

主な機能

商品データ取り込み 指定のサーバーから毎日自動に商品データを取り込みます(手動での商品データ取り込みも可能です)。
商品データ加工 ECサイトのお客様の検索ワードに合わせて、商品名や説明文を加工したり、“送料無料”などの不要な言葉を一括削除するなどができます。
商品カテゴリ設定 商品データを媒体のカテゴリに紐づけすることができます。
商品データ
アップロード
データ加工・カテゴリ設定が完了した商品データを自動アップロードする設定ができます。更新頻度は「1時間ごと」もしくは「指定の時間(1日1回)」のどちらかを選ぶことができます。

料金プラン

料金項目 3フィードプラン6フィードプラン
初期費用
無料
無料
月額費用
対応フィード先 (※2016年5月現在)

・Google Merchant Center
 (Googleショッピング、商品リスト広告)
・CRITEO
・Indeed
・Facebook Dynamic Product Ads

他、20以上の媒体・サービスに対応
フィード先(媒体・サービス)選択可能数:1~3

30,000円(税抜)
フィード先(媒体・サービス)選択可能数:4~6

50,000円(税抜)
概要
データフィード最適化の一連の作業を管理ツールで自動化します。
データフィードの導入により、比較サイト・アフィリエイト・リターゲティング広告を活用するECサイトの販売チャネルが拡大し、売り上げアップをはかることができるようになります。
データフィード先については順次追加される予定です。
商品データ上限変更(オプション) フィードデータ作成のために取得可能な商品データ件数は、1フィードにつき3万件までです。
3万件以上の商品データをご利用の場合は、商品データ上限変更(オプション)をお申し込みください。
※2万件単位で料金が発生します

10,000円(税抜)
更新間隔
最短1時間
標準機能 ・商品データ仕様対応
・商品データ取り込み
・商品データ加工
・商品カテゴリ設定
・商品データアップロード
注意事項
※「月額費用」はアカウント情報を通知した日が属する月から発生します。
※ 各種料金に日割り計算はありません。サービスの利用開始日、解約日に関わらず所定の料金が必要となります。

※ フィード先アカウントはお客様で事前に開設してください。
※ フィードに必要な商品データはお客様で事前にご用意してください。
※ 取り込めるCSVファイルの形式は、Excelで 出力される形式と同等のものとなります。(ダブルクォートでのクォート、エスケープ)

※ 本サービスのご利用は、ニフティの法人会員としてご契約いただいているお客様が対象となります。
※ まだ、@nifty法人IDをお持ちでないお客様は、本サービスのお申し込み手続きの前に@nifty法人IDを取得していただきます。
※ 「DFOマネージャー」は、コマースリンク株式会社の商品です。